仁和寺   名庭十撰 紅葉の風景 京都の庭園





真言宗の名刹で、世界文化遺産にも指定された仁和寺。皇子・皇孫が多く入山したことから御室御所の名も。
七代目小川治兵衛が改修した、王朝時代の優雅さを残す庭園はどこまでも優美で、自然な美しさをたたえています。















七代目小川治兵衛が手を入れて改修したとされる宸殿北庭。白砂と池泉、
そして五重塔や茶室「飛濤亭」などの建造物が調和した構図はどこまでも美しい










茶室「飛濤亭と五重塔。庭の「借景」として、大きな存在感を示しています。









観音堂から眺める宸殿北庭。池を隔てる白砂の道幅、宸殿と庭の距離感、どれも計算し尽くされた雅やかな美しさ



















人影が消えた宸殿から、この庭を独り占めして観ることができる時間。人生でなんて貴重な瞬間なんだろう。













白書院前の広大な庭。綺麗に線が描かれ、整備された白砂の庭園は見事です。庭の向こうに見える二王門の偉容も印象的です。






黒書院前の庭は静寂が支配する侘と寂のの世界









訪れたときは、ちょうど晩秋で紅葉も美しい頃。優美な仁和寺で愛でる紅葉は格別でした。   → 紅葉の風景









雪の仁和寺もまた、春や秋とは異なる趣



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved