知恩院前 ―地名の読み方― はじめに  トップページ



浄土宗の総本山、知恩院。
正式な読み方は「ちおんいん」だが、
市バスの「知恩院前」は市民の呼び方から「ちおいん・まえ」と読む。
それがどうした? なのですが、
あるホームページで「バス停に地元の読み方を採用するのは非常識、正しい読み方に改めろ」との意見が。

このホームページを読んだときはもう呆れてしまいました。
観光客に迷惑だから古くから地元で親しまれた呼び方を止めてほしいって、一昔前の海外団体旅行的な発想・・・・。
日本の風習が海外で通用しないことに怒ってるノーキョーのお偉いさんと変わらない考え方する人って、
今でもいるんだ――と驚きました。市バスは観光客を運ぶことも大きな使命ですが、
まずは地元市民の足。こういう人は、観光客である自分本位でしか考えられないんだろうね。

観光客が間違えてしまうとそのホームページの管理人は書いているけど、
訪れる前に少しは調べてくる努力や自分で何とかする意志を持とうよ。
このような自分本位の視点でしか観光できない人は、
どんなときでも、どんな場所でも「自分にわかりやすい旅行」ばかりを期待し、
延いてはその土地が持つ魅力や伝統を否定してしまっていることに気づかないんだろうな。

俺の流儀が通用しないのはけしからん! 
ささいなことだけど、幼稚な考えに凝り固まった観光客が日本や世界を闊歩している現状はかなり悲しいな。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.