桂離宮参観記

京都の庭園 御所・離宮 桂離宮 ひとりごと
参観受付は20分前から。
到着した順に待合所に案内される。
10分前からビデオでの離宮案内が始まり、
参観予定時間ちょうどにガイドが現れて、参観スタート。
後ろには少し強面の皇宮警察が護衛・監視のために列に加わる。

少し進んだ御幸門前で、ガイドの方の挨拶と注意事項の伝達。

勝手な先入観で参加する前は、
「宮内庁管理の離宮参観ってとても厳しい雰囲気で、
ちょっとしたことで愛想もなく怒られそう」と思っていたが、
ガイドの方も全く高圧的ではなく、とても丁寧なしゃべり方。
皇宮警察の方も参観者の写真を撮ってあげたり、
ガイドの方とはまた違う案内をしてくれたり。参観者の視点に立っているんだなーと改めて見直した。




参観者本位の丁寧な対応

写真撮影に関しては、場所限定でOK。
つい数年前まで撮影禁止だったことを思うと、写真に美しい景色を残せるだけでもありがたい。

桂離宮の撮影禁止は表向き「苔の養生のため」となっていたが、
本当の理由は一部参観者の撮影マナー欠落にあったとか。
外国人の参観者が列からずれて写真に熱中したり、
床に土足で上ろうとしたハプニングもあったが、
日本屈指の美しさをレンズに収めようとする気持ち、
習慣の違いを考慮して、このままぜひ撮影解禁を続けて欲しい。



結果的に
ガイドの方も警察の方も終始丁重な対応で、
心地よく参観できたのは本当に気持ちよかった。
「決められた人数で厳格に」という方式に嫌気を感じていたが、
実際に参加してみると意外にこの方法、普通の寺院でも利用できるのではと思ったくらい。

宮内庁や皇宮警察の担当者の方みたいに、
僧侶や寺の関係者がここまで謙虚、丁寧、鷹揚に引率できればの話だが。



“お上”意識も見え隠れ

ただ、不満というか疑問も残った。例えば書院
障子はすべて閉められたままで内部はいっさい見られない。
関係者の方に
「文化財保護の目的でだめなんですか?」と訊ねると、
「いいえ、いまでも皇族や国賓の方が利用されるからです」とのこと。

皇族がお使いになる(それも年に一度あるかないかとのこと)
建物の内部を国民が見てはいけないとは、ちょっと納得がいかない。
やはり宮内庁には「皇室の方は特別にお迎えする」が、
「国民には見せてやっている」という感覚があるのかな。



皇室が多くの国民から親しまれ、
日本の象徴として定着してきた現在、
「国民とともに歩む開かれた皇室」を宮内庁が目指しているとしているなら、
些細なことで見え隠れする旧態依然とした意識の変革が必要なのでは?
現場の方々が参観者本位の丁寧な引率、
興味を引くガイドを心がけておられただけに、これだけがことさら残念に思えた。



個人的な好みはあるだろうが、桂離宮。
庭も建物も意匠もおそらく日本的な美しさでは最高の水準。
手続きが面倒と思う人も多いと思うが(自分もそうだった)、
これだけの庭と建物を無料で参観できるチャンスをぜひ利用すべきだと思う。

基本的に平日のみの参観しか認められないが、
毎月第3土曜と混み合う時期の土曜日は参観できるらしいので、
宮内庁のホームページでご確認を。

Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.