一橋大学 ― 国立キャンパス ―   

JR中央線国立駅徒歩7分  ― 東京都国立市 設計:伊東忠太、文部省建築課  中央線・井の頭線 大学の近代建築 東京の近代建築





武蔵野・多摩の文教都市・国立の中心部に拡がる一橋大学の国立キャンパス。

昭和初期に建設されたロマネスク様式の校舎数棟がいまでも現役の校舎として使用されています(附属図書館、昭和5年竣工)。



本館(昭和5年竣工。重厚ながらも凝った装飾がセンスの高さを表しています。




受験雑誌などでよく見かける兼松講堂((昭和2年 竣工)。側面から眺めると、どっしりとした重厚感が。


昭和4年竣工の東本館

他の建築物とは全く趣の異なるロッジ風の旧門衛所昭和6年竣工)もお見逃しなく・・・!
一橋大学は国立大学ではおそらく最も美しいキャンパス、統一性、建物の個性ではキャンパスを売りにしている私学にも負けません。風格も十分です。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.