堀野記念館の庭園 京都の坪庭・露地庭  京都の庭園と伝統建築  MAP  堀野記念館のホームページ





洛中に残る醸造元の旧本宅を利用した「堀野記念館」。
公開されている貴重な商家の坪庭を観るために訪れました。







部屋の中から眺める中庭。窓を開けることができないのは少々残念でした。






外からは中庭を通じて自由に見学可能です。
庭の広さに比べて、燈籠や置き石が大きいのは「もっと広かった以前の庭に置かれていたものをそのまま使っている」からだそうです。






中庭と醸造に大きな役割を果たした井戸「桃の井」。見学者も試飲することができます。
水の味には鈍感な自分でも柔らかさを感じることができる名水でした。







商家の公開がとても貴重であるだけでなく、こちらの記念館ではお酒ができるまでの過程や町家の構造などについて、
とても丁寧な説明をして下さいます。最後に銘酒の試飲もあるので、お酒が好きな人にとっては最高の記念館かもしれません。






堀野記念館とは関係ないのですが、
京都の街中を歩いているとちょっとした空間を少しの工夫でとても美しく魅せている場所が至るところにあります。こちらは一晴画廊の玄関。






店先のごく狭い空間にも夏の暑さを涼しく感じさせる工夫(四条通祇園界隈)






御池通(烏丸通東入ル)に建つとても立派な門構えの「鴻臺(こうだい)」(醸造元)。中には素敵な坪庭があるんだろうなぁ。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.