何必館・京都現代美術館の庭園 京都の坪庭・露地庭  京都の庭園と伝統建築  MAP

設計:梶川芳友+梶川建築事務所  



絵画に全く興味がない自分にとって、目的はただ一つ。
館内に作られた素敵な坪庭「光庭」を観るため、エレベーターで5階に上がりました。









ビルの中にあるとは思えない苔の坪庭と横に設えられた茶室。






青々とした苔を観ていると、ここが街中のビルの5階とは思えないですね。






光庭の横にある茶室は光と影の世界。障子の明かりで浮かび上がる枝が幽玄な美しさ







何必館の「何必」は「何ぞ必ずしも疑う」という自由な精神を表したものとか。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.