島原・角屋 ―主庭と松の間― 京都の庭園  MAP  角屋中庭







光と影が美しい中庭とは対照的に明るさに満ちた主庭。白砂の上に張り出した臥龍松の「雄姿」が見事です






松の間から眺めると一幅の絵画のごとし









つい臥龍松に目を奪われてしまいますが、庭の各部分はどこも洗練された造りとなっています。
向かって左側、松の根付近には小さな築山。石塀の意匠も注目です。









右側には斬新な造りの茶室「曲木亭」。その名の通り「曲がった木」を使用していることからの命名とか。









松の間の西側には石を敷き詰めた庭とその上に架けられた渡り廊下「遊仙橋」。
紅葉が色づく頃は美しさもひとしおでしょうね。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.