相国寺方丈庭園 法堂その他の建築物 禅の庭 MAP 京都の庭園 坪庭・露地庭




幼い頃から最も親しんできたお寺。当時はなんとも思っていなかったのですが、
あらためて「観光」「参拝」目的で訪れると、かつての日常の生活圏がとても恵まれた環境だったことに感謝















方丈南側は砂を敷き詰めただけの簡素な庭。禅刹の厳しい美しさが引き立ちます。「凜」とした美しさですね。

















北側には深山幽谷を表した枯山水。意外に他では見られない立体的な趣が特徴です。夕陽で石組みや苔に紅が射す瞬間も美しい。












西側はただ苔が広がり、手水鉢が置かれただけの庭ですが、この簡素な作りは妙心寺の東海庵に通じる美しさ










ちょっとしたスペースには坪庭も









法堂

境内の真ん中にどっしりと構える法堂(はっとう)は桃山時代の遺構(1605年建立)。
現存する最古の法堂として、重要文化財に指定されています。
他寺院の法堂以上に、瓦屋根と柱、白壁によって構成されるシンプルな美しさが印象的。
京都の禅刹の中で、たぶん相国寺の法堂がいちばん綺麗









玄関廊 

こちらも白と黒、そしてすぐ横に植えられた松の緑の色合いがとても綺麗です。






庫裏

禅宗寺院を象徴する庫裏。大きな破風が特徴の堂々とした建物で、派手さはないけど、美しい。






鐘楼

鐘楼の横に建つ社は宗旦稲荷。小さいお稲荷さんですが、自分の両親をはじめ、近くに住んでいる人からは厚い崇敬を受けています。
確か千利休の孫である宗旦に化けたキツネが祀られており、開運の霊験があるとか・・・。


Special thanks to ひろし、あきこ

Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.