ドミニコ修道会聖トマス学院 京都の近代建築 京都御所界隈 

京都市上京区 MAP 設計:武田五一 




生まれ育ったの近くをふらふら歩いていると、
石塀に立派な和風の門に遭遇しました。
公家屋敷の跡地かなと思って、門標を見ると意外なことに「聖トマス学院」。
おぉ。京都得意の和洋折衷? と嬉しくなり、興味をそそられて中に入りました。
門を入ると、立派な車寄せを持つ洋館。
ここが武田五一設計の名建築、戦前の実業家で篤志家でもあった旧山口玄洞邸です。







見事な弧を描く玄関のポーチ。石と歴史の重みがずっしり伝わってきます。





低層階の本屋にこれだけ大きな玄関のポーチは珍しい構成ですね。









玄関の天井と扉、床のタイル。大正モダンの美しき名残です。





玄関の反対側、東側正面。緑枠のドアと上部ステンドグラスが限りなく魅惑的





さらにこの建物を魅惑的にしているのは、周囲の風景。
広い敷地に石灯籠などが点在しています。かつては日本庭園だったのでしょうか。





石塀の向こうは鴨川。この不思議な雰囲気、何とも言えず。
いまここは「キリスト教中世思想研究所」として使われているようですが、
深い思索をする上で最適な環境とも言えそうです。





それにしても京都。
地図を見ると、東京などと比べものにならないほど小さな街なのに、
一個一個の建物には外からうかがい知れない「広い世界」が。
箱庭都市の中に息づく宇宙を垣間見た気がしました。







かつての近所にありながら、全く知らなかった小宇宙的な空間。
立派な門を出ると、歩いて1分ほどで「日常」の河原町通りです。
ちなみにここに邸宅を建てた山口玄洞。
詳しい説明がこちらのページに載っていました。素晴らしい方だったようです。


Copyright ©「Yuky R」 Goto N.  All Rights Reserved.