京都国立博物館本館・正門

京都の近代建築 京都の煉瓦建築 七条通








「左右対称の厳然たるフレンチ・ルネサンス様式」(近代建築ガイドブック)で、宮殿建築に優れた手腕を発揮した片山東熊の代表作です。

東京国立博物館やネオバロックの奈良国立博物館と比べて洗練されている印象を受けるのは、

煉瓦の建物にひとしお愛着を感じる日本人の嗜好にもよるのでしょうか。

本館正面、噴水前に置かれたオーギュスト・ロダンの彫刻「考える人」も大きなアクセントになっています。 

Note : 設計:片山東熊  施工:直営  竣工:明治28年 【重要文化財】  市バス「博物館三十三間堂前」下車 ― 京都市東山区 MAP






















本館遠望。東山を背に建つ左右対称の大規模な煉瓦建築は、それそのものが「展示品」。












正面上部の彫刻に注目。モチーフは建築、美術工芸の神とされる毘首羯磨(びしゅかつま)と伎芸天(ぎげいてん)








正門だけでこのボリューム感。シンプルながら要を得た装飾があか抜けた印象を与える。








Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.