大丸心斎橋店  阪神間モダニズム  百貨店の近代建築  難波・心斎橋 大阪の近代建築 MAP   

 by Yuky R

Note: 設計:W.M.ヴォーリズ  施工:竹中工務店  竣工:大正11年〜昭和8年 




玄関

御堂筋と心斎橋筋の間に建つ大丸心斎橋店。関西だけでなく、日本を代表する名門百貨店です。
ヴォーリズが創り出した名建築は、おそらく日本の百貨店で最も華やかで、最も洗練されているのではないでしょうか。
心斎橋側入り口の正面には孔雀(大丸のシンボル)の装飾。名門の矜持、ここにあり。







店内

玄関から内部入って驚くのは、1階店内の天井や柱、梁を中心とするデザインと装飾。
ヴォーリズは何を表そうとしたのでしょうか。まさに「アールデコの杜」、すばらしいです。





 by Yuky R

エレベーター

豪華絢爛という言葉がぴったりの1階エレベーター。
派手な成金趣味を排し、精緻なデザインで作り上げた豪華さは一個の芸術作品です
(1階と対照的な2階エレベーターも必見)。






階段と踊り場

洗面場がある階段と踊り場も必見。手すりの意匠と色合い、石の感触を確かめて下さい。







外観

御堂筋から観る心斎橋店。
重厚な色合いと外観ですが、白い壁の高層部と細かい装飾が百貨店らしい華やかさを漂わせます
大丸は京都発祥ですが、現在の本店はここ心斎橋です(グループ会社の本社は東京になる見通し)。




 by Yuky R


 Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.