京都御所庭園(御内庭、壺庭、鞠壺) 京都の坪庭・露地庭













こちらは御池庭のさらに奥、御常御殿の前に作られた「御内庭」。
御池庭と御内庭は江戸時代初期に作庭されたそうですが、 中期に改修されたようです。
前田玄似が作り、江戸初期に小堀遠州が手を入れたとする説もありますが、諸説があり特定できていません。
ちなみに、仙洞御所の庭は小堀遠州が指揮して作庭したといわれています。









優雅な雰囲気の中にも、豪壮な石組みがあったり変化に富んだ名庭です。












御内庭の中に建つ地震殿(泉殿)。文字通り、地震の時の避難用建物だそうです。












こちらの建物は「迎春(こうしゅん)」。奥に位置する「聴雪(ちょうせつ)」とともに、
雅やかな名前が印象的。花頭窓と欄干の意匠は、簡素ながらも斬新です。
これより奥の建物は拝観できませんが、日本の庭園や坪庭の原点とも言うべき場所ということを考えれば、ぜひ公開して欲しいですね。







御常御殿前の壺庭に植えられた紅梅と白梅






小御所と御学問所の間にある鞠壺(蹴鞠の庭)









御所の建物にはちょっとした空間にも庭園が設えられています。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.