本法寺  MAP 日蓮宗、ほんぽうじ、京都市上京区 京都の庭園

本法寺は1436年、東洞院綾小路の場所に建立され、1587年に豊臣秀吉から現在の地を与えられました。

その後、火災によって伽藍は灰燼に帰しましたが、徐々に回復が図られ、

今では本堂、多宝塔など多くの堂宇をそろえる日蓮宗有数の寺院となっています。

本法寺は長谷川等伯の涅槃図のほか、本阿弥光悦が作庭したとされる「巴の庭」でも有名です。

書院の東側に拡がる巴の庭は、室町時代の枯滝三尊石組の手法を残した桃山期の名園で、

中央に十角形の蓮池を持つ意匠は他にはない独特のもの。

三尊石を中心に三つの築山を巴型に配しているため、「三つ巴の庭」という愛称で親しまれています。




三門を出たところには裏千家の今日庵があるためか、

ときおり着物を装った女性が境内を通り抜けていく光景も京都ならでは。


庭園に関しては各所に設けられた坪庭も美しく、

洛中の喧噪を避けてゆったりとした時間を過ごすことができます。
境内には光悦一族の墓所もあります。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.