有斐斎弘道館 京都の庭園 名庭十撰 坪庭・露地庭 トップページ MAP  京都市上京区 



慣れ親しんでいたはずの上京の街中に、このような素敵な庭園があるとは・・・・・。
有斐斎弘道館。歴史や由来などの詳細はホームページをご覧下さい。









普通の家やマンションが建ち並ぶ中、長い露地を通り、門をくぐります。紅いのれんがなんとも粋な雰囲気









門を入ると、そこはもう別世界。洗練された石畳や灯籠、苔や植栽が独自の世界を創りだしています。






玄関前の庭だけでも、他の多くの庭園よりも秀逸な雰囲気ですが、逸る心を抑えつつ、「主役」の庭へと向かいます。






庭に足を踏み入れると、目の前には幽玄で雅やかな世界






振り返ると、鮮やかに染まった一本の紅葉



















決して広い敷地ではないのですが、一歩進むごとに庭の息吹、趣が伝わり、心の中ではこの庭のもたらす世界が無限に拡がります。












飛び石の配置や苔の色・・・・。どれもすべて絶妙で、細かいところまで配慮されている造形が至る所に。









庭を堪能した後、建物の中に入ります。






この景色を眺めながら頂く抹茶の美味しさは格別・・・・。






有斐斎弘道館では現在、ボランティアの方々が毎日、整備などをお手伝いされているとか。
まだ未整備の箇所も残されているとのこと、さらにこの庭が美しくなるのですね(いまでも屈指の美しさですが)。






訪れた日はたまたま一人でゆっくりとこの名園を鑑賞することができました。
近くの京都御所などに参観された際には、ぜひこの名園に足を運ばれることをお薦めします。
なお弘道館では、さまざまな催しを企画されているようなので、そちらの方もホームページでご確認を。

関係者の方々のご尽力とで、このような名園が大切に維持されていることに、京都の奥深さを感じました。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved