仙洞御所 北池




大宮御所の潜り門を抜けると、目の前に拡がる仙洞御所の「北池」。
雄大な光景に息を呑みます。中央遠方の山は東山連峰。市内のビルなどは一切視界に入りません。





北池を左に進むと、阿古瀬淵。六枚橋と呼ばれる石橋と池に浮かぶ岩島があります。
「阿古瀬」とは、ここに邸があったとされる、紀貫之の幼名に由来するとか。




北池はどこまでも静謐。まさに鑑のような水面が印象的です。

       

池の西南には船着き場があり、今上天皇、皇后も帰京されたときは舟を浮かべられることもあるとか。
ガイドの方のお話では、今上天皇ご自身で舟をお漕ぎになるそうです。
 

北池の小島(鷺島)をつなぐ橋。やや単調になりがちな北池の風景にのアクセントです。下の八つ橋は切石を二本ずつ稲妻形に並べたもの。1914年に架け替えられました。

Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.