旧山口玄洞邸(ドミニコ修道会聖トマス学院) 京都の庭園 坪庭・露地庭・邸宅の庭 

京都市上京区 MAP 設計:武田五一 



武田五一設計の名建築、戦前の実業家で篤志家でもあった旧山口玄洞邸
いまはドミニコ修道会が所有していますが、敷地内には当時の庭園の面影が残されています。










洋風建築を囲む広い敷地には、石灯籠などが点在しています。かつての庭園の「遺構」でしょうか。









石塀の向こうは鴨川なので、おそらく比叡山を借景にした本格的な日本庭園だったのではないかと。
川の流れの水音も心地よかっただろうな。






近代建築の紹介ページにも書きましたが、
門を入ると外からうかがい知れない「広い世界」が広がっている京都、その奥深さには感動します。

山口玄洞氏の詳しい説明は、こちらのページを参照してください。


Copyright ©Goto N.  All Rights Reserved.