吉田家住宅(無名舎) 京都の庭園 名庭十撰 坪庭・露地庭 トップページ MAP  京都市中京区 









特別公開されていた吉田家住宅(無名舎)。
「新町通六角下ル」という京都のど真ん中に残る伝統的な京町家です。








玄関からは、いきなり京都の坪庭文化を体現したような庭が。石灯籠に棕櫚竹、手水鉢、踏み石・・・。
この配置と、部屋の中の暗さと庭の明るさの対照が絶妙です。









部屋の中と、(かつての)店側から観る玄関前の坪庭。どの角度から眺めても上品な佇まいですね。






部屋に入ると、奥にもう一つの庭。こちらは坪庭と言うより中庭という感じですね。








京都の暑い夏を少しでも涼しげに過ごすための簾戸(すど)。締め切ると、庭がスクリーンに映し出されるようば赴きに。日本の美しさですね。








こちらの庭も決して広くないのですが、限られたスペースに石灯籠や置き石、植栽が上手く配置されていて、
ずっと眺めていても飽きません。生活の中に溶け込んだ庭こそ、さりげない工夫が凝らしてあることを再認識できます。






二階は当時の商家のままの佇まいが保存されています。光と影が織りなす空間が美しい。






簾を通して観る外の風景。日除けのための簾が掛かっているだけで、涼感と「京都の町家」らしさを感じますね。










京の商家の庭と生活空間をそのまま大切に保存されている吉田家。
京都の旧家、料亭、名刹はそれぞれが独自の世界をつくり出す小宇宙であることを、あらためて認識させてくれます。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved