中海 大徳寺大仙院


方丈を入り口から右回りに進むと蓬莱山の次に現れるのが中海(方丈北西側)。
緊張感が漲る書院庭園を見た後に中海に来ると、ひとしおこの庭の静けさ、簡素さが心に沁みてきます。
名椿の「岩根絞」と数個の石が漂う中海はまさに平穏の境地・・・・と言ったら少し気障かな。






この庭の特徴は「軽さ」かな。でも、よく和風旅館などにありがちな構成でありながら、「薄っぺらさ」はない。
単純に簡素に日本的な美しさを表してるようで、けっこう好きな庭です。

西庭は一面白砂のみ。前方に見えるのは方丈前庭(南庭)の沙羅双樹です。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.