修学院離宮 中御茶屋(中離宮) 下御茶屋  上御茶屋













後水尾天皇の皇女朱宮内親王のために造営された楽只軒(らくしけん)の前庭。作庭者は不明ですが、
石の配置や石橋の厚さ、燈籠が遠くに見える構図など、極めて洗練されています。









豪壮な石組みは、桃山〜江戸時代前期に造られた庭のような趣













客殿の前庭は小川の流れを中心とした苔庭。優美な曲線と絶妙な石の配置が秀逸










縁の石の配置、手水鉢と植栽のバランスなど、簡素な中に限りない日本の美が凝縮されています。







楽只軒と後方に並ぶ客殿






       



客殿は、東福門院(徳川秀忠の息女で上皇の中宮)の化粧御殿を移築したもの。
入母屋造りの簡素な建物ですが、「一の間」の霞棚や杉戸の鯉の図、欄干の意匠など、珠玉の作品が目白押しです。

床の間の霞棚はまさに霞がたなびくような優雅さ・・・・。
鯉の図は、鯉が絵から飛び出るのを防ぐ網まで描いた緻密な絵画。
破れている個所まで描かれていて、粋な遊び心も感じさせます。
一の間に西側と内仏間の濡れ縁には「網干の欄干」(漁師が網を干す姿を表したそうです)。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.