修学院離宮 下御茶屋(下離宮) 中御茶屋  上御茶屋



白砂青松の小径を上がったところに建つのは、書院の寿月観(じゅげつかん)。
壮大な上御茶屋とは異なり、簡素でありながら繊細で、風雅な趣を湛えています。
雄大さを好んだとされる剛毅な後水尾上皇ですが、美的な感覚はとても幅広く、さすが当時屈指の風流人。






寿月観の「一の間」。広さは15畳で、上段は3畳。飾り棚の天袋と地袋の絵は原在中の作品。









寿月観前の飛び石。白川砂が敷かれた前庭の大きなアクセントに。















周囲の庭には、苔の中に袖型燈籠などが配置されていたり、幽玄さと開放感を兼ね合わせた雰囲気を持っていたり、
見応えはあると思うのですが、
参観では特に立ち止まらず過ぎていくので、ゆっくりと見学する余裕はありません。
5分でもいいので、鑑賞する時間があればうれしいです。








下離宮に入るときは、参観者も上皇もお使いになった御幸門から。
こけら葺きの屋根を持つ簡素な造りですが、扉には後水尾天皇お気に入りの意匠「花菱」の透かし彫りがあります。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.