大徳寺瑞峯院

大徳寺 50音順一覧 京都の庭園と伝統建築

重要文化財の本堂(方丈)を取り巻く三つの庭。

近代の庭園研究家・重森三玲が創った南の独坐庭、

茶室・余慶庵の周囲に設けられた西の坪庭、

建立した大友宗麟に因んだ十字架の閑眠庭。

どれも個性的で飽き ません。

大仙院龍源院に比べると、躍動的な雰囲気。

特に独坐庭は重森三玲の個性爆発という感じです。

夏の昼下がり、誰もいない方丈の縁に座って

庭を見ているときに、玄関から通り抜ける涼風。

京都に来て良かった、と思える瞬間です。

 


 

波打つ石と砂。独座庭

 

どの石も強烈な個性を主張。個人的に好きな雰囲気。独座庭

 

躍動的な庭も、切り取ってみると静謐な世界に。独座庭

 

茶室・余慶庵の側に創られた苔と飛び石の造形

 

方丈北側の閑眠庭。いつも庭の半分が陰になってるような。明と暗の対比もひとつの赴き


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.