観智院

 東寺真言宗(東寺境内)、かんちいん、京都市南区 MAP 京都の庭園

 

東寺(教王護国寺)教学の場として創建された観智院は、北門を出たところに位置します。
住宅建築の遺構として貴重な1605年に建立された客殿や
五体虚空蔵菩薩像をはじめとする多数の文化財、客殿の南庭、中庭など見るべきものは多数。
壮大なイメージが強い東寺の中で、観智院は小さいながらも、宝珠のような強い存在感を示しています。














客殿東側にある「四方正面の庭」は秀逸。石の配置、川を表した砂の模様など、桃山時代の築庭の妙を感じさせてくれます。
書院風の茶室・楓泉観、茶室に向かう廊下の途中にある坪庭も個性的で見応えあり。













弘法大師が入宋(にっそう)した後に帰国する姿を表した客殿南庭の「五大庭」






特別公開寺院なので、日時は確認を。私が訪れたとき、庭の撮影はOKでしたが、建物内は撮影禁止でした。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.