妙心寺麟祥院 京都の庭園トップページ 地図


                               

徳川家光の乳母として権勢を誇った春日局の菩提寺、麟祥院。
門をくぐると視線の先に「花頭窓」。典型的な禅刹の構成を整えた塔頭です。






花頭窓の向こうにはなぜか鯱(しゃち)。春日局と縁が深い淀城(京都市伏見区)から移転されたものだそう。
京都には、独自の由来にちなんだ史跡を誇る寺院が多いですね。




     

いちばんの目当てだった方丈南側の庭園。
決して広くはないですが、一面を覆う苔と石の配置から伝統を感じることができます。少し上から庭を俯瞰できるのもうれしい。






作庭時には意識されていなかったと思うのですが、木々の枝振りにも趣が。






作庭の要とされる三尊石。お寺などでよく見られる仏様が三人並んだ姿を模した石組みです。






明快な枯山水(わかりやすい形態は大好きです。思惟も必要かもしれませんが、万人が見て理解できなければ芸術の意味がない)。
石橋の下を川の水が通り、そして大海へ――という構図なのでしょうか。





庭のメインから外れたちょっとした造作にもセンスが。手水鉢の前に置かれた石の形、枝の拡がり。これだけでも絵になります。





麟祥院は期間限定の特別公開でした。
妙心寺では季節ごとにいろいろな塔頭が公開されるので、京都市観光協会のホームページでご確認を。

Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.