高台寺 円徳院  京都の庭園  禅刹の庭   トップページ   地図








高台寺はとにかく「綺麗なお寺」という言葉がぴったり当てはまります。
特に開山堂前の庭園は小堀遠州の作とされており、桃山時代の華やかさを今に伝える名園。















開山堂から回廊でつながる観月台は、庭の美しさを立体的に引き立てる大きな存在












開山堂と開山堂から眺める庭。光と影も美しい。












白砂だけの方丈前庭。石塀の向こうには霊山観音。
この写真はかなり以前のもので、現在の方丈前庭は下の写真のようにさまざまな趣向を凝らしているときがあるようです。










以前の庭と現在の庭、どちらが好みかは個人によって異なると思いますが、
自分は以前の簡素な白砂だけの庭の方が好きかな。
あと高台寺は本当に綺麗なお寺なので、できれば晴天の方がさらに美しさが引き立つと思います。









高台寺は、豊臣秀吉の正室、北政所が秀吉の菩提を弔うために建立しました。
北政所は隣接する円徳院で暮らし、生涯を終えたとのこと。円徳院の庭も桃山時代の傑作です。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved