織寶苑 南禅寺界隈の庭園  小川治兵衛の庭園 京都の庭園と伝統建築  MAP










滋賀県出身の塚本与三次の邸宅「福地庵」が三菱の岩崎小弥太の別邸「巨陶庵」となり、

昭和23年に龍村美術織物が購入して現在の織寶苑となりました。

実際にはそれほど広くない敷地にもかかわらず、東山を借景としたこの庭園の風景はきわめて雄大。

庭園の持つ可能性を最大限に利用した名園のひとつに数えられるのではないでしょうか。

この庭園を造ったのはこの界隈に多くの作品を遺す小川治兵衛こと「植治」の長男保太郎。

小川治兵衛も作庭に関わったと言われるように、飛び石や流水の造作に彼独特の粋を見出すことができます。

南禅寺界隈は京都有数の邸宅街。他にも小川治兵衛が作った庭が多くあるようですが、ほとんどは非公開。織寶苑のように特別公開されるよう望みたいです。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.