三信ビルのクリスマス   東京の近代建築  三信ビル外観  三信ビル内部  造形礼賛トップページ  



東京の近代建築でいちばん好きだった建物「日比谷三信ビル」。
過去形で書かないといけないのが本当に悲しいのですが、
保存を求める声も空しく、2007年春に解体されました。

2017年には地上35階建ての超近代的なビルに生まれ変わります。
日比谷という一等地、企業である以上は利益の追求が最も重要なことですが、
個人的な気持ちとしては、これだけの名建築を何とか保存してほしかったですね。




クリスマスの季節を迎えると、
エレベータホールに飾られたクリスマスツリー。
戦前からの歴史を刻んできたビルの雰囲気にぴったり合う昔ながらのツリーは、「三信ビル」という世界に一つだけの建物を静かに輝かせていました。
ビルという無機質な存在にもかかわらず、限りない温かさを感じさせてくれた三信ビルの空気感は二度と戻ってきませんが、
新しいビルが、せめてどこにでもあるようなビルではなく、独自の光と輝きに溢れた建物であることを心から願っています。

誰が見ても世界的に有名な建築物の「マネ」と思える新宿方面に建つ高層ビル(観ていると恥ずかしくなってくるような・・・)、
威厳と壮大さに包まれていた大ターミナルをどこにでもあるようなビルに建て替えた某電鉄会社のようにはなってほしくない・・・・・。







エレベータホール前のクリスマスツリー









誰もいない時でも静かに光り続けます。









2階部分のほんのちょっとした飾り。「電球」が温かい。









喫茶店の老舗「ニューワールドサービス」。いま、この雰囲気を出せるビルのテナントってあるかな。






入り口のイルミネーションもきわめて簡素でレトロ。あくまでも控えめに、でも華やかに。






二度と戻らない風景と時間を写真に刻んで・・・・・


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.