綱町三井倶楽部  東京都港区 

ホテルの庭園  旧宮家・邸宅の庭園  東京の庭園  東京の近代建築 






大正2年に竣工したコンドルの名建築です。内部は非公開ですが、ちょっとしたご縁で訪れることができ、感激――。









憧れていた庭園側からの風景。予想通りの気品と重厚さに圧倒されました。









日本人が心に描く「鹿鳴館」的なイメージをそのまま具体化したかのような建築












バルコニー部分のタイルと石の質感が伝統と風格を今に伝えます。









バルコニーから庭園へ。狛犬の表情がユーモラスで個性的















華美な装飾は施されていないのに、眺めれば眺めるほど品格に満ちた華麗さを感じます。三井財閥に相応しい名建築










玄関部分と内部のステンドグラス。内部の写真は、人物が写っているといけないので残念ながら非公開で。






ちょっとした空間に設えられた石灯籠の坪庭的スペース。この邸内には本格的な日本庭園もあるのですが、
訪れたとき(2002〜03年頃?)はコンドルの建築に興味が集中し、見事にスルーでした。最大の後悔・・・・・。






綱町三井倶楽部を訪問できたことは本当に嬉しかったですね。
同じくコンドルの名建築、三菱の開東閣もいつか訪れたい・・・・・。





  Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved