精進料理「醍醐」 (東京都港区)  東京の庭園  MAP  トップページ



玄関・南庭西庭(愛宕山側)露地庭・坪庭
西庭

東京・愛宕山の精進料理「醍醐」。ミシュラン二つ星を獲得したお店として有名ですが、お座敷から眺める枯山水の庭も見事です。
窓の中央からやや右に位置するという絶妙な配置の石灯籠と、美しい苔に配された飛び石――。
これだけでも日本庭園として完璧な構図ですが、磨き抜かれた縁に映る緑がさらに美しさを引き立たせています。




南庭

苔庭と白砂の絶妙な配分と、雅やかな曲線。端正な灯籠と選び抜かれた飛び石。都心の限られたスペースに創られた小宇宙です。
さらに醍醐の庭がすごいと思ったのは、ひとつの庭としての統一性、連続性を維持しながら、
各部屋から観る庭が切り取られた絵画のような、そこだけの世界観をつくり出していること。作庭された方、構想を立案された方の感覚に頭が下がります。





露地庭(南庭)

明障子の下半分から庭を眺める構図は、京都・大徳寺の塔頭、孤篷庵の忘筌席に通じる趣。
この風景に限らず、醍醐の庭は「洗練されたわびさび」の極致とも言える、大徳寺の庭との共通点が多
い印象を受けました。




西庭

これまで東京の庭はどこか野暮ったいと思ってましたが、ここ醍醐の訪問で偏狭な先入観は一掃されました。
東京の都心に、これだけの枯山水の庭が存在することに驚いたとともに、
この庭を造られた方、そして苔の養生を含め、絶えず庭の保護に努めていらっしゃるお店の方の心意気に脱帽です。
ちなみにこの写真は「窓越し」ですが、窓はその存在に気付かないほど磨き上げられていました。



各部屋をご案内してくださった係の方もとても親切で、一流の料亭というのは、味だけでなく、サービスも完璧なんだなぁとあらためて痛感しました。お忙しい中、本当にありがとうございました。


Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved