「幻」の枯山水庭園(東京都)            東京の庭園と伝統建築  トップページ






東京の、それもど真ん中にこんな枯山水の庭園が存在するとは・・・・。
「都心のお寺に重森三玲の庭園が残されている」という情報を得て出掛けたところ、本格的な枯山水。いやー驚きました
(一般的には青梅の玉堂美術館が東京唯一の枯山水とされているようです)。








実際に重森三玲作かどうかは確認していないのですが、石の建て方などをみると、
いかにも重森三玲作の名庭という印象を受けます。東京の都心に、こんなに素晴らしい庭が残されているなんて!








ただこのお寺の庭、公開か非公開も不明。
もったいぶって「幻の庭園」とするのではなく、現時点では敢えて名前を伏せた方がいいのかなと。どうかご了承下さい。








この石組みのボリューム感はすごい。あるホームページでは「阿弥陀如来の四十八願」に由来すると説明されていました。
ということは48個の石が並べられているのかな(数えませんでした・・・・)。








一見手入れされていないようだったのですが、写真を観ると砂の上にはごみなどが落ちていません。石も美しいまま。








観光寺院にはなって欲しくないですが、あまりにも知られていないことにちょっと残念な気持ちも


  Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved