根津美術館   東京都港区(南青山)  MAP         東京の庭園と伝統建築  トップページ







尾形光琳「燕子花図屏風」と円山応挙の「藤花図屏風」を展示した根津美術館
多くの来場者で賑わっていましたが、午前中だったのでまだ「大混雑」には至らず。エントランスの竹林と月の石船。洗練された日本美







池に浮かぶ屋形船。しゃれた装置ですね






屋形船の先には「吹き上げの井筒」。一群れの燕子花(かきつばた)が大きなアクセントに。












とにかく最高の五月晴れに恵まれたこの日。水面も緑に輝き、見事な光景で観る者を魅せてくれました。光と影の対比もひときわくっきり













既にいくつのかの写真に写っていますが、この季節、ここの庭園の呼び物は何と言っても燕子花。弘仁亭の前にある池では燕子花が花盛り












燕子花だけではなく、新緑もいまが盛り






特別展では円山応挙と尾形光琳の名品。ただ自分の場合、やはり美術展とかは苦手というか、
人並みにもまれて、ガラスケースの中の作品をゆっくり観るとこはできなかった。目の前にホンモノがあるのにあまり感動しませんでした(悲しいなぁ)。






表参道の駅から美術館に向かう途中に建つプラダの建物。斬新な建物も好きですが、前庭(オープンスペース)のシンプルさが最高


 Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved