日光東照宮 栃木の建築と庭園 造形礼賛トップページ MAP 


北関東の山間に、江戸のはじめ、
突然姿を現した極彩色の別世界――。

杉木立に覆われて佇む社殿は陽光を受け、
目映いばかりの美しさ・・・・・。す、すごい!

いやーここまで徹底していれば文句なし。
これだけ多彩な彫刻と煌びやかさで埋め尽くされた
建築群は日本広しといえど、他には絶対にないでしょう。

自分の目を通してではなく、
戦前にブルーノ・タウトが「いかもの」と指摘し たような見方を
そのままありがたく受け入れ、

「日光は俗悪」と言うことが「かっこいい」と
思っているのはちょっと恥ずかしいかなと思ったりもしました。

確かにちょっと「お腹いっぱい」になるけど、
東照宮や大猷院で「思考の余地がない」のは
想像力の欠如では?なかろうか・・・・。

優美で簡素な美しさを保つ京都文化の対極として考えると、
さらにその存在感がクローズアップされて興味深く鑑賞できます。


 


東照宮で最も有名な陽明門。日光の名の如く、陽を受けて輝く姿は美しい。






これが門――とは思えない豪華な装飾。いったい何頭の龍と獅子がいるんだろう。






派手な装飾の中、地味に存在感を示す人間の彫刻も。中国の故事をモチーフにしているとか。






陽明門をくぐって左側の神輿舎。個人的には下の輪蔵と並んで、好きな建物です。






禅宗寺院の仏殿によるある建築様式。少し抑え気味の配色が上品な感じです。






輪蔵から望む鼓楼。背景の緑の存在を忘れてしまうほどの存在感






鼓楼の裳階。派手なだけでなく、装飾は極めて緻密






薄暗い殿内に陽が射した瞬間、鑑のようにゆらめく光






陽明門に連なる回廊の彫刻。意匠は、松や牡丹、孔雀など、「縁起が良いもの」ばかりです。






なぜか有名な眠り猫。うーん。確かに穏やかな雰囲気ですね。平和の象徴ととらえれば、かなり奥深い意匠です。






こちらも有名な三猿。






東照宮、見どころがいっぱいあって楽しいですが、拝観料はなんと1,300円。一瞬、え、マジ?と思ってしまいました。
確かに「芸術の粋」の結集と考えれば、博物館と同じくらいの金額もわかるのですが、
宮内庁の管轄の桂離宮は無料、金閣寺銀閣寺など京都の名刹でも500円以下の拝観料と考えると、ちょっと高すぎかなーとも思ったり。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.