東北学院大学本館、ラーハウザー記念礼拝堂、シップル館 大学の近代建築  MAP  モーガンの建築  国内旅行特別版






モーガンが設計した東北学院大学の本館。
簡素な構成ですが、地元で産出された凝灰岩を使い、石の風合いを最大限に活かしています










西洋中世の城を思わせるファサードもモーガン建築の特徴ですね。






正面から見ると少し上部が大きい感じを受けるのですが、近くで観ると均整がとれた構成。 1926(大正15)年の完成です。









本館の横に建つラーハウザー記念礼拝堂。1932(昭和7)年の竣工です。






内部は見学できませんでしたが、「日本で最も美しい大学礼拝堂」の一つとか。






礼拝堂の背面。本館と同じく、石の質感が伝わってきます。








こちらはシップル館。明治19年に宣教師の住居として建てられた、下見板張りの洋館です。
夕陽を浴びる姿はとても美しいのですが・・・・。






洋館の周囲は駐車場に! わざとらしい周辺景観の造作もがっかりですが、
アスファルトと自動車に囲まれる光景もちょっと味気ない。今後、有効に保存されればいいですね。









礼拝堂と本館の玄関部分から観た内部。シンプルな装飾が美しさを引き立てます。






新幹線の時間を気にしつつ、ひとまず東北学院とはお別れ。つかのまの見学でしたが、素晴らしいキャンパスでした



Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved.