円通寺と比叡山 禅の庭 MAP   50音順別一覧 京都の庭園と伝統建築




修学院離宮を造営した後水尾天皇の山荘「幡枝御殿」を起源とする臨済宗妙心寺派の寺院です。







比叡山を借景とする庭園で有名な円通寺、 書院に足を踏み入れると、目の前に杉木立を額にした、雄大で雅やかな姿の比叡山が現れます。
京都に叡山を借景にした庭園は数あれど、円通寺ほど美しく、迫力のある比叡山を望める場所はないのではないでしょうか。







寺院の説明によると、ここに円通寺の前身となる離宮を造営した後水尾天皇は、
12年もかけて「比叡山が最も美しく映える場所」として現在の場所を選んだとか。
垣根の外のヒノキだけでなく、書院の柱も比叡山が「額縁の中で」美しく見えるように計算された上で配置されています。
















庭そのものも秀逸。左側に重心を置いて石を配置することで借景である比叡山とのバランスを保っています。
高さのある石を用いず、低い石を好んで配置している点も借景を妨げず、比叡山をより雄大に見せるための工夫では?
比叡山という借景を離れて、庭園だけを見ても素晴らしい造形。苔も美しい。






一刻一刻と比叡山が表情を変えるごとに、庭の趣きもまた変化していきます。
修学院離宮を手がけた天皇の感性と京都の自然に対し、改めて強い感慨を覚えます。





円通寺以外で比叡山を美しく望める寺院として有名なのが、正伝寺(上、MAP)と妙満寺(下、MAP)。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.