一条恵観山荘 庭園内 (神奈川県鎌倉市)  東京・関東の庭園  MAP  トップページ

  一条恵観山荘のアプローチ  一条恵観山荘のさまざまな風景



アプローチとの境に建つ御幸門から山荘前に入ります。












昭和34年に京都から鎌倉に移築された一条恵観山荘は、茅葺き屋根の簡素な作り(重要文化財
天皇家に次ぐ名門、摂関家・一条家の養子となった一条昭良(出家後に一条恵観、後陽成天皇の第九皇子)が京都の西賀茂に建てました。
一条昭良の兄は 修学院離宮を造営した後水尾天皇、叔父は桂離宮をつくった八条宮智仁親王です。












この山荘は「茶屋」として造られているため、前庭は露地風の庭に









蹲踞(つくばい)とそれに至る飛び石、黒石を敷き詰めた枯れ流れ、そして一面の苔。限られたスペースに日本庭園の粋を集めた庭になっています。
石や灯籠の配置などが完璧な造形













案内図にも記されている通り、「どこから観ても美しく見える」ように作られています。












苔庭を流れる枯山水の美しさ。植栽は時として邪魔になることもあるのですが、見事に溶け込んでいます。
観智院の庭のように、桃山時代の名残を感じさせるような華やかな作り。






建物の中は見学できなかったのですが、屋根が醸し出すような田舎家の雰囲気とは対称的に、京文化の粋が散りばめられているようです。
この写真では少し分かりにくいのですが、障子の隙間から石灯籠が。桂離宮のように屋内からも「魅せる」工夫が施されているのではないでしょうか。







一条恵観山荘のアプローチ 一条恵観山荘のさまざまな風景




  Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved