清泉女子大学(旧島津公爵邸)

品川・目黒区 大学の近代建築 東京の近代建築

五反田駅から歩いて数分ほど、駅前の庶民的な商店街とは

全く雰囲気が異なる島津山に清泉女子大学は位置します。

かつての島津公爵邸をそのまま活用した本館は、J.コンドルの名建築。

綱町三井倶楽部や三菱開東閣など他のコンドル作品が公開されていない中で、

自由に見学できる(門衛所での受付は必要)清泉女子大学は貴重な存在です。

充実した市民講座で有名な清泉女子大学。

名実ともに地域や市民に広くキャンパス(大学という最高学府)を

開放するという精神を実践しているのは、特筆に値するのではないでしょうか。

Note:

設計:コンドル  竣工:大正6年

JR山手線五反田駅7分 品川区東五反田3-16


 

庭園側から観る本館

 

本館のバルコニー部分。列柱と曲線が美しい

 

本館正面


本館庭園側の窓

本館庭園側のバルコニー。シンプルだけど、凝った装飾

 

庭園のキリスト像

 

旧使用人居住棟


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.