大丸京都店  大丸心斎橋店 百貨店の近代建築 京都の近代建築 ヴォーリズの建築 MAP

Note: 設計:W.M.ヴォーリズ  竣工:昭和3年 




京都発祥の大丸百貨店。現在は大阪に本店機能が置かれていますが、いまなお京都での支持は絶大。
「大丸さん」とさん付けで呼ばれるほど市民に親しまれています。

ただ、歴史のある発祥店にもかかわらず、四条通の正面は味気ないどこにでもあるビルと同じような外観。

かつてのようなヴォーリズ設計の名建築をもう一度蘇らすことはできないものなのでしょうか
(高倉通沿い=東側にかつての面影を偲ばせる一部が残存)。














高倉通入り口から地下に降りる階段。
大丸心斎橋店を彷彿とさせるヴォーリズの意匠が残されています。
意匠のテーマは、ダビデの星「六芒星(りくぼうせい)」。






高倉通(東側)側面。これが正面にも残っていたら・・・・と思うと残念です。
部分保存されているだけでも歓迎すべきことなのかもしれません。











烏丸通(丸太町上ル)には、
ヴォーリズが設計した大丸創業者・下村家の別荘「大丸ヴィラ」(下村邸中道軒、昭和7年)も残っています。
以前は外商顧客の招待会場に使われいましたが(幼い日に出掛けた記憶も)、現在は非公開。
中道軒はチューダー(様式)をもじって命名されたとか。
地元では「下村ハウス」とも呼ばれていました。

 Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.