「幻」の枯山水庭園(京都市内) 京都の庭園  枯山水の庭園  



京都でも有数の簡素な美しさを誇る庭ですが、原則として非公開。
ただ地元の参拝者にはいつも門戸が開かれているので、自分も何回か訪れたことがあります。
参拝に当たっては、元・地元民として、観光寺院ではなく、地元住民の参拝対象であることを念頭に置いてほしい――。
その思いから、敢えて寺社の名称を伏せました。


個人的な思い入れもあるので、
ここだけは無法な観光客、“コレクター“として庭を訪れることだけに価値を置く自称「庭好き」ではなく、
庭を心から愛する人だけが訪れてほしいです。街中で貴重な静寂なひとときを堪能できます。


 






京都の街中に位置しますが、観光客もほとんど訪れないので、本当にぼ〜っとできます。
木々のざわめきと遠くでときどき通行人の声が聞こえるだけ――。はぁ。いい気持ち。













本堂前の枯山水では二株の桔梗が大きなアクセントに









石と苔である文字を表した庭。よく見るとその字が浮かび上がりますね。









このお寺は14世紀の創建で、開基は日本史上で初の女性の「治天の君」。
形式的な権力者ではなく、実質的に政務を執り仕切った可能性もあることから、再評価の動きが進んでいるようです。









街中で美しい苔と石だけが作る静かな世界













玄関前の庭は中国の名峰に因んで作られました。端正な美しさ






玄関前の庭から見る堂宇の美しい甍








幼い頃に幾度となく両親と境内を通り、友人と遊び、お詣りに来た場所。自分にとって「京都の原風景」かもしれません。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.