島原・角屋 ―主庭と松の間― 京都の庭園  MAP  角屋中庭




光と影が美しい中庭とは対照的に明るさに満ちた主庭。白砂の上に張り出した臥龍松(がりょうのまつ)の「雄姿」が見事です。









臥竜松の存在感に圧倒されてしまいますが、個人的には周囲を彩る、個性的な露地風の造りに瞠目









庭の向かって右側に作られた、石灯籠が立つ露地風の庭









露地の向こうには茶室「曲木亭(きょくぼくてい、その名の通り「曲がった木」を使用していることからの命名とか)」。
元禄文化が開花した江戸時代初期に建てられました。
角屋にはこのほか、曲木亭の背後に「清隠斎(せいいんさい)茶席」、「囲いの間」と名付けられた茶室もありますが、すべて非公開。
いつか茶室とその周囲が公開されることにも期待したいです。










主庭の向かって左側、臥龍松の根の付近には小さな築山






石塀の洒落た意匠も目を惹きます。









広々とした松の間。障子の向こうには額縁のように切り取られた坪庭が見えます。









松間の西側の石を敷き詰めた坪庭と、その上に架けられた渡り廊下「遊仙橋」。
おそらく金沢のお茶屋「志摩」と並ぶ、日本で最も艶やかな坪庭です。










松の間の床の間と中庭から足を運ぶときに窓から見える臥龍松の主庭。
決して広い庭ではありませんが、どこも絵になり、新たな発見が楽しめる日本有数の名庭です。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.