神楽坂の坪庭 ―馳走紺屋、神楽坂和茶―    東京の庭園  東京の露地・坪庭 

 






神楽坂の懐石料理店、馳走紺屋地図)。
黒塀に立派な門構え、石燈籠が外から見える風景はいいですね。









端正な石燈籠と棗(なつめ)型の手水鉢






黒塀を背景にした、ちょっとした坪庭も趣があります。東京では意外に珍しいですね。行灯に浮かび上がる夜はさらに幻想的で美しい景色が楽しめそう






ここの庭は池泉庭園ですが、植栽が少し茂りすぎて、池は少し見えにくい感じに




訪れた日に頂いたランチは「和牛土鍋ひつまぶし御膳」。
予約すると個室でゆったりと、手ごろな価格で美味しい食事を楽しめます。







馳走紺屋を後にして、抹茶が頂ける「神楽坂和茶」を訪ねました(地図)。






中に入ると、四畳半の立派なお茶室。ここでお抹茶とその日によって異なる美味しいお菓子を頂けます。
贅沢な時間と空間――。お店の方もとても親切で、楽しいひとときを過ごせました。
床の間には十五夜に因んで「月」の掛け軸に薄と御供のお団子






あまり「書」には関心なかったのですが、こちらの掛け軸には一目惚れ。
「月」があたかも中空に上がっているかのごとく、永遠の広さを感じさせる見事な構成。
お店の方に伺うと、作者は表千家十二代宗匠の堀内宗完(ほりのうち・そうかん、後に堀内宗心)とのことです。
漢字の持つ表現力はすごいですね。



Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved