華やかで豪壮な庭園 ―桃山文化の名園―   京都の庭園  トップページ  京都の庭園一覧





醍醐寺三宝院 二条城二の丸庭園 高台寺 圓徳院 智積院 妙法院門跡 黄梅院直中庭

織田信長、豊臣秀吉の時代から江戸初期(17世紀初頭)につくられた華やかで、豪壮な庭。
日本の文化史で「桃山文化」として知られるこの時代、侘び寂びや禅宗の教義を軸とした庭園とは趣が違う、華麗な庭園がつくられました。






醍醐寺三宝院

豊臣秀吉が基本的な設計を行った(1598年)とされる「天下の名園」。庭そのものの迫力、豪壮さが、極限まで優美に華やかに表現されています。







高台寺

豊臣秀吉の正室(北の政所、ねね)が建立した美しい禅宗寺院。庭は小堀遠州作と伝えられています。






圓徳院(円徳院)

北の政所、ねねが晩年を過ごした高台寺の塔頭(たっちゅう)。桃山時代の豪壮な庭園は額縁効果でさらに美しく







智積院

豊臣家ゆかりの場所に建つ智積院。長谷川等伯の障壁画で有名ですが、立体的な庭園は絵画のような華やかさ






妙法院門跡

天台宗三門跡(皇族摂家の姉弟が入寺した格式が高い寺院)。庭園は伏見城の遺構とされています。国宝の庫裏(くり)も有名






二条城二の丸庭園

豪壮な武家文化と華麗な桃山文化、雅やかな公家文化が融和し、独特の景観を形作っています。






黄梅院直中庭

千利休が手掛けたとされる庭には、秀吉の馬印をかたどった瓢箪型の池と、朝鮮に出兵した加藤清正が持ち帰った石灯篭も




   





Copyright © Goto N.  All Rights Reserved