大徳寺黄梅院 直中庭と茶室「一枝庵」   大徳寺 地図  名庭十撰  枯山水の庭 五十音順一覧  

       



書院「自休軒」前に広がる直中庭(じきちゅうてい)。
千利休が豊臣秀吉の要請を受けて作庭したとされる名庭です。










庭の中央には瓢箪型の池(秀吉の馬印、千成瓢箪に由来)があり、水が張られた形が本来の姿とのこと。
ただ水が涸れた池も枯山水としてさらに魅力的な印象も受けます。







写真中央の大きな石は三尊石で、手前には礼拝石も






三尊石の石の風合いは趣があり、さすがの存在感です。
直中庭の三尊石は「不動三尊石」で、
不動明王、矜伽羅(こんがら)童子、制た迦(せいたか、「た」は口偏に託の字のつくり部分)童子で構成されています。







個人的に最も惹かれたのは、庭の片隅に建つ朝鮮灯籠の存在感









朝鮮に出兵した加藤清正が朝鮮から持ち帰ったとされています。
少し茫洋としたイメージを与える直中庭を、庭の端からビシッと引き締めている印象です。













観れば観るほど、味わい深いというか、不思議な魅力を湛えた庭。
夢の世界に出てくるようなイメージで、例えば満月の光の下で眺めるとまた異なる美しさなのかなと思ったりします。







直中庭のもう一つの大きな存在は、茶室の「一枝庵」でしょうか。






文字通り古色蒼然とした「庵」風の建物ですが、実は1999年の竣工で、京都の山本興業が手掛けました。
山本興業のホームページには、一枝庵の内部の写真も掲載されています。






茶室の周辺は露地風の庭に












直中庭は、回廊に沿って四方から眺めることができるようになっています。






あと黄梅院で感動したのは、床の美しさ。回廊をはじめ廊下はどこも黒光りするほどの美しさでした。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.