泉涌寺境内と御座所庭園    京都の庭園 王朝の庭 50音順一覧 MAP     塔頭 雲龍院  善能寺  来迎院

 

皇室の菩提寺「御寺」(みてら)として有名な泉涌寺。

江戸時代以前の歴代天皇が葬られた月輪陵の存在などから、

泉涌寺は他の寺院とは異なる「特別な寺院」というイメージが強いです。






総門から仏殿を坂道の下に観るというアングル。多くのお寺では門から「上に」伽藍が位置しますが、

泉涌寺では門から下に、樹木で覆われた参道の向こうに伽藍を観る構図に。ちょっとした違いですが、それだけでも大きな個性






仏殿と舎利殿。禅宗様式の伽藍配置になっていますが、泉涌寺は真言宗です。












月輪山の山麓に位置するという立地条件からか、 昼間を過ぎても「靄」(もや)がかかっていたりします。

それが「聖域」という雰囲気をさらに高めるのですが、本当に泉涌寺は「静謐」「神聖」という言葉がぴったり。
風水、スピリチュアルなどには興味がない自分ですが、ここ泉涌寺だけは心を浄める「何か」があるような気がします。
この場所が天皇家の墓所に選ばれたのも、やはり何らかの理由があったんでしょうね。

 







仏殿と舎利殿の奥にある御座所庭園






庭の向こうは月輪陵。神聖な雰囲気を漂わせる庭です。












庭は池泉庭園。回遊はできませんが、御殿内からゆっくり鑑賞することができます。






白砂と苔、新緑の対比も美しく






堂内から眺める新緑の庭園は額縁の中の絵のような趣。泉涌寺には雲龍院 善能寺 来迎院 などの塔頭に庭園があります。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.