大徳寺黄梅院 玄関・茶室   大徳寺 地図  名庭十撰  枯山水の庭 五十音順一覧  

       






表門をくぐると、重要文化財の庫裏(くり)の前に広がる苔庭。冬の寒さのせいか、苔は少し緑を失っていますが、
却って侘び寂びの雰囲気が高められているような気もします。









でもやはり、新緑や紅葉の季節の方が苔は圧倒的に美しいですね(笑)。






庫裏の隣には玄関に通じる道






玄関の内部は禅刹に相応しい簡素な雰囲気






参拝者の入り口前にある花頭窓。少し頭の部分だけを見せる石灯籠と土塀に映る枝振りが美しい












この入り口に至るまでに、いくつかの門と茶室を越えていきます。









幾何学的な石を敷き詰めた延段と待合






端正な踏み石。色や形を吟味して選ばれたことがわかります。









ちょっとした、細かい所まで配慮された作りになっている黄梅院の境内。
渡り廊下の下にも白砂が敷き詰められているので、建物の向こう側との連続性が保たれています。









表門の横に建つ鐘楼(加藤清正の寄進)横の空間も簡素な美しさ。
土塀を背景にした、その横の石灯籠、石のさりげない配置、木の枝ぶりが大徳寺ならではの雰囲気なんですよね。
この何気ない光景が醸し出す格調高い造形は他の寺院では見られないかと思います(完全に主観なんですが)。



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.