ホテル椿山荘庭園 (東京都文京区)  東京の庭園  MAP  トップページ





幽翠池(ゆうすいち)から望む三重塔。本格的な庭園を持つ東京のホテルの中でも、椿山荘のスケールは群を抜いています。






近代以降の庭で、庭園の域を超え、一つの山と池がそのまま敷地内に含まれているスケールの大きさは、ある面、東京ならでは。
詳細はホテルの庭園マップそれぞれの由緒をご参照ください(多すぎて覚え切れていない―笑)。










三重塔(圓通閣)は、広島県の寺院から移築されました。室町時代の建立とか。









圓通閣の側に置かれた丸形大水鉢。三重塔と横にこの水鉢を設置したことにセンスを感じます。









三重塔とともに印象的なのは「五丈滝」。裏側から見ることもでき、水しぶきがなかなかの迫力です。












三重塔が建つ丘から再び幽翠池の畔へ不思議に現代的な建物ともマッチしています。









ホテルらしい瀟洒な作りの庭園も。、州浜などを作ることで、単に「軽い」だけの庭から脱却してます。












椿山荘は規模の追求だけではなく、細かいところまでの造作にも手抜きはありません。茶室の露地庭も本格的。






料亭「錦水」の入り口












こちらは庭園内にある蕎麦「無茶庵」。室町時代の民家を移築したそうです。露地庭風の庭が佳い雰囲気












いつも駆け足で訪れているので、次回はゆっくりと時間を掛けて周りたいです。元は明治の元勲、山縣有朋の別荘だった椿山荘。
山縣有朋は、京都では無鄰菴高瀬川源流庭苑などにも足跡を残すなど、七代目小川治兵衛を登用して日本の庭園史にも大きな影響を与えました。
椿山荘は小田原の古稀庵と同じく、岩本勝五郎が作庭しました。どこも秀逸な庭ですが、
インターネットで時折見掛ける「山縣三名園」という呼び方はちょっと失笑、違和感。どうして「3」にまとめてしまうんだろう(笑)。









椿山荘はホテル内も趣味の良い豪華さで美しいです。非日常感を堪能するには最高の場所





  Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved