無鄰菴 (旧山県有朋別邸)  トップページ  京都の庭園  MAP  小川治兵衛の庭

 

古稀庵  椿山荘 高瀬川二条苑    





戦前政界の大物、山縣有朋と近代の作庭に大きな影響を与えた七代目小川治兵衛が出会った無鄰菴(むりんあん)






山県は江戸時代以前からの京都の庭に飽き足らず、「どうも京の庭は暗くて、古くさくていかん」という考えの下、
小川治兵衛とともに日本庭園に新しい風を吹き込みました。自然を採り入れた開放的な庭――。
山県と小川治兵衛が手掛けた庭は、どこも明るく、伸びやかな特徴を備えています。









庭の先には借景として東山連峰。
実際の敷地面積以上に奥行きを感じるのは(それなりに広い敷地ですが)、小川治兵衛の技術、センスによるものでしょうね。







明治の元勲にしては簡素な佇まいの母屋












母屋からも庭を鑑賞することができます。まさに額縁の絵のごとく美しく、街中とは思えない別世界







茶室の近くは露地庭風の造りになっていますが、母屋前の開放的な庭との一体感、連続性が保たれています。
そしてやはり山県邸の特徴は「水」。











水を庭の主役に据えたのも、山県と小川治兵衛の発想でしょうか。琵琶湖疎水から採り入れられた水は滝として流れてきます。
小川治兵衛の作庭と、琵琶湖疎水が供給する豊かな水が南禅寺界隈の別荘群とその名庭をつくり出す原動力になりました。
















夏の無鄰菴庭園。芝生も木々も青々と生い茂り、冬の無鄰菴とは全く別の趣






無鄰菴には洋館も建っています。中は展示館のようになっており、小川治兵衛の紹介も。





  小川治兵衛は山県有朋や陸奥宗光など大物政治家に気に入られたようで、陸奥の邸宅でも庭を手がけています(古河庭園)。

山県の邸宅、別荘としては、他に高瀬川二条苑(第二無鄰菴)、小田原の古稀庵、東京・目白台の椿山荘が有名です。


Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.