高瀬川源流庭苑 (がんこ高瀬川二条苑) 



トップページ  京都の庭園 MAP 小川治兵衛の庭  料亭の庭  名庭十撰  坪庭、露地庭




角倉了以の別邸、山県有朋の第二無鄰菴などを経て、現在は「がんこ高瀬川二条苑」の庭園になっています。
玄関前の坪庭も何気ない造作ですが、センス溢れる作り






店内からも美しい庭を眺めることはできますが、実際に庭園を回遊してみましょう。自由に散策できます。






この庭園に豊かな水を供給する源であり、庭園名の由来ともなった高瀬川の源流。鴨川からの取水口です。









順路に従って進むと、川に降りる石段。緑に覆われた初夏、庭の造りがはっきりと分かる晩秋。どちらの季節も素敵ですね。















高瀬川に架けられた石橋。川岸を覆う幾多の石組み、そして燈籠。
川の流れを挟み、適所に設置された石灯籠や石組みが独特の景観を創ります。












新緑の頃は木々が生い茂り、京都のど真ん中にもかかわらず、森の中を流れる川のような景観に









石橋をくぐり、置き石を越えて流れていく高瀬川の清流。水の流れを活用した庭園は小川治兵衛の腕の見せ所ですね。









お店の方が案内してくださったのですが、小川治兵衛は特にこの場所(手前の平らな石)からの構図をとても重視したとのことでした。









ちなみにここから流れ出す高瀬川は京都の繁華街、三条から四条へと。桜の中に高瀬舟が浮かぶ風景はまさに京都の春












水の流れと並び、この庭園を彩る隠れた主役は無数に配置された石燈籠。大小合わせて、いったい何基あるんだろう。
でも決してごちゃごちゃした印象はなく、景色を引き締める適切な場所に配されています。










山縣有朋は、この庭が少し狭いとの理由で南禅寺の近くに第三無鄰菴(現在の無鄰菴)を設けたとのことです。
そのように決して広い敷地ではないのですが、一歩進むごとに水と石がつくり出す風景が微妙に変わり、無限の広さを感じさせてくれます。
山縣が手掛けた庭は他に東京の椿山荘、小田原の古稀庵などどこも名園ですが、個人的にはこの高瀬川源流庭苑がいちばん好きかな。









一枚岩の滝、水があふれ出るつくばいなど、水を利用した造形が目立つのもこの庭園の特徴 → 高瀬川源流庭苑の坪庭、露地庭


この庭園を大切に保存され、無料で公開されている「がんこ高瀬川二条苑」に心からの敬意を表して

Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.