苔寺(西芳寺) 黄金池と金剛池   京都の庭園 地図  京都の苔庭 京都の池泉庭園 

     with Yuky R






苔と水と石と橋と――。日本庭園の全ての要素を備え、後世の庭園に限りない影響を与えた苔寺の庭園。
広大な庭園の中で、自分がいちばん好きだったのは、「朝日の清水」と呼ばれる清水が黄金池に流れ込む一画です。
清冽で、幽玄で、それでいて暗さがない爽やかささえ感じる不思議な場所













庭全体がみごとな苔で覆われ、作庭時代とは全く違う趣になっているとのことですが、幽玄な美しさはため息が出るほど。









桂離宮と同じく、一歩進むごとに風景と印象が変わる名庭で、
自分なりのお気に入りの場所を見つけるという満足感をあらためて痛感しました。
















黄金池に浮かぶ3つの島(朝日ケ島、夕陽ケ島、そして長島)をつなぐ橋も周囲と同じく苔に覆われて、庭園に同化しています。












歴史的な名庭を覆い尽くしてしまった苔。でもそれが新たな美しさにつながり、別の形の芸術として生まれ変わる素晴らしさ。






水面に映る苔や木々の緑、石組みや橋も美しく






なだらかな苔の斜面から亀島を望む。石垣の上にはかつて方丈が建てられていたそうです。









黄金池に浮かべられた一隻の舟。日本の原風景ですね。岸辺の竹は、夢想疎石が植えた「七本竹」とされています。
この貴重な風景の写真を撮影し忘れていたので、Yuky Rさんからお借りしました。ありがとうございます。by Yuky R






黄金池とは別の池の「金剛池」に注ぎ込む「夕日の清水」






「夕日の清水」の源






庭に流れる清水も、この一面の苔庭を創りあげる上で大きな役割を果たしたようです。













改めて苔一面の庭の美しさに感動するとともに、この光景をずっと維持されているお寺と関係者の方々の努力に脱帽です。




苔寺の枯山水と石組 苔寺の茶室と露地 苔寺の紅葉
 
Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.