修学院離宮 上離宮(上御茶屋)  窮邃亭 きゅうすいてい     京都の茶室  上離宮   中離宮楽只軒  中離宮客殿  下離宮 





船着き場辺りから観る窮邃亭(きゅうすいてい)










宝形(ほうぎょう)造、こけら葺きの茶亭で、創建当初から現存している唯一の建物になります。
外観は極めて簡素ですが、斬新な意匠がさまざまなところに。










「窮邃」と書かれた扁額では、文字を八角形で囲む工夫。引き戸も瓢箪型にくり抜かれています。









上段(台目畳六畳)の肘掛窓からの光は眩しく、美しい。眺望や自然を「主役」に持ってくるため、敢えて華美な装飾を排したとか。






部屋の突き当たり、右側は水屋になっています。






大きく張り出した土廂(どびさし)と回り縁



Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.