料亭左阿彌 茶室「遍松庵」と本館の庭 (京都市東山区)  京都の庭園 MAP トップページ 料亭の庭

  → 茶室「寛楽庵」の庭






茶室「寛楽庵」から少し石段を降りたところに建つ「遍松庵」。お料理を頂いた後、副支配人の方が別の遍松庵と本館の庭を案内してくださいました。









歴史の重みが身近に迫ってくる風格あるお茶室。ひょうたん型の窓の意匠がとても印象的(この洒落た美的感覚、最高ですね)









こちらのお茶室でも懐石を頂くことができます。ご指名される客も多いとのことでした。
左阿彌
の暖簾、室内の明かり窓、どれも洗練された和の世界







紅葉に覆われた茅葺きの屋根が美しい、本館から眺める遍松庵









高低差のある地形を利用し、坂の途中に建てられた遍松庵。蹲踞(つくばい)からまだ下に石段が続きます。






遍松庵を後にして、本館へ






ひょうたん型にくりぬかれた窓の向こうには坪庭






美しい楕円の手水鉢と厚い柔らかみを持つ飛び石









最上階の部屋「華頂桃山」のテラスから眺める京都の町は絶景!
華頂の名前の通り、知恩院(華頂は知恩院の山号)の屋根が手前に、そして左大文字が正面に









こちらの部屋では窓の外の景色が額縁のごとく。この広々とした部屋で頂く料理も美味しいだろうな。






この他にも結婚式の披露宴が行える大広間など、美しい部屋の数々を案内してくださいました。舞台、かっこいい!









風格ある茶室を取り囲む美しい紅葉と庭、一流の味の懐石――。師走の初旬に訪れた左阿彌でのひとときは珠玉の時間でした。


  → 茶室「寛楽庵」の庭


Copyright © Goto.N.  All Rights Reserved