桂離宮 賞花亭・園林堂










茅葺切り妻屋根の小亭、賞花亭






「峠の茶屋」を意識したそうで、初夏のある日に訪れたときは「龍田屋」の暖簾が掛けられていました。
賞花亭は「春の茶屋」とされていますが、「龍田屋」の暖簾は秋に掛けられるそうです。
ちなみに夏の茶屋は笑意軒、秋の茶屋は月波楼、冬の茶屋は松琴亭とされています。






賞花亭の扁額。字体で遊んでいる感じが気持ちを和ませてくれます。






竹の連子窓。吹き抜ける風が涼しい。亭内の光と影の雰囲気も捨て難し(けど自分の写真の腕前では上手く表せなかった・・・・)









離宮内でいちばん高い場所に位置する賞花亭からは、桂離宮で唯一「見下ろす」景観が楽しめます。






写真中央右の頂は比叡山でしょうか。






賞花亭前の手水鉢










賞花亭から下れば、園林堂。持仏堂として建造されたため、離宮内では異色の建物です。
右の雪見灯籠は、「京都でいちばん美しいと言われている」(ガイドさん)そうです。







紅葉の季節は華やかさが増します。






園林堂の前に架かる橋の下を覗くと、幾重にも橋が重なる風景が






園林堂の横に設置された手水鉢と飛び石




御幸道・外腰掛天橋立松琴亭外観松琴亭内部→賞花亭・園林堂→笑意軒書院月波楼御輿寄
Copyright © Goto N.  All Rights Reserved.